PROFILE


TOPへ

会長

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授
(法学部教授兼任)
社会デザイン研究所所長

中村 陽一

一橋大学社会学部卒業。(株)新評論編集部、日本生協連総合指導本部等を経て、非営利ネットワーク型シンクタンク・消費社会研究センター設立、代表。東京大学社会情報研究所客員助教授、都留文科大学文学部助教授、同教授を経て現職。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科委員長、同独立研究科運営部長等を歴任。

80年代半ばより現場と往復しつつ市民活動・NPO/NGOの実践的研究、基盤整備、政策提言に取り組み、最近では、民間と経済産業省とのパートナーシップ型組織であるソーシャルビジネス推進イニシアティブ座長を務めた後、民間の経済団体として創設された一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク常任顧問として精力的に動いている。 また、地域連携や民学産官協働によるまちづくり、コミュニティデザイン、社会デザインの専門家でもある。

現在、NPOサポートセンター理事、市民社会創造ファンド運営委員、さいたまNPOセンター代表理事、ゼファー池袋まちづくり顧問、21世紀社会デザインセンター顧問[以上NPO法人]、公益財団法人パブリックリソースセンター評議員、一般社団法人日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員など。日本NPO学会発起人・前理事、日本ボランティア学会副代表、社会デザイン学会副会長。座・高円寺「劇場創造アカデミー」講師。

編著・共著に『日本のNPO/2001』『日本のNPO/2000』『21世紀型生協論』(以上、日本評論社)、『都市と都市化の社会学』(岩波書店)、『アンペイド・ワークとは何か』(藤原書店)、『非営利・協同セクターの理論と現実』(日本経済評論社)、『NPO!? なんのため だれのため―NPOとまちづくり』(時事通信社)、『アメリカのNPO』(第一書林)、『多元的共生を求めて―市民の社会をつくる』(東信堂)、『3・11後の建築と社会デザイン』(平凡社新書)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』(フィルムアート社)他多数。

事務局長

株式会社JSOL
法人事業本部
社会イノベーション推進センター長
ビジネスイノベーション推進課長

三尾 幸司

神戸大学大学院自然科学研究科修了。(株)日本総合研究所に入社。(株)NTTデータへ出向。その後、(株)JSOLへ戻り、現職。NPO法人コヂカラ・ニッポンに参画し、子供向けのキャリア教育プログラムである『コヂカラMBAプロジェクト』を推進。市川市立塩浜学園PTA会長、学校運営協議会委員。

業務では社会デザイン、ソーシャルビジネスを推進し、様々な方法論を組み合わせたビジネスアイデア創出の独自のフレームワーク「いのべ場」を用いて、企業での新規事業開発を支援している。一方で、働き方改革やダイバーシティなどの推進活動に取組み、企業や地域で講演活動を行う。NPO法人コヂカラ・ニッポンにて、NTTデータやAIGなどの企業でファミリーデーや地域イベント、PTAで子ども向けのキャリア教育やビジネスワークショップを実施。厚生労働省「イクボスアワード2016特別奨励賞」を受賞。

『AERA』『日経SYSTEMS』『すこやか健保』などへの寄稿・インタビュー、日本生活協同組合連合会、メルカリ、ワコール(乳房文化研究会)、立教大学、江東区、沖縄県西原町、千葉県PTA研究大会、軽井沢中学、横浜市立中川小PTA、市川市立塩浜学園など、講演多数。