プロジェクト
PROJECT

プロジェクト詳細

地域ニーズに応える産学官連携を通じた
リカレント教育プラットフォーム構築支援事業

一般社団法人社会デザイン・ビジネスラボ(SDBL)は、文部科学省が推進している地域ニーズに応える産学官金連携を通じたリカレント教育プラットフォーム構築支援事業へ採択機関として参画しています。

【地域ニーズに応える産学官金連携を通じたリカレント教育プラットフォーム構築支援事業】
本事業は令和4年度補正予算で計上され、大学コンソーシアムや自治体等において、1.地域に分散している人材ニーズの調査・把握、2.教育コンテンツの集約、3.それらのマッチング、4.広報・周知等を産業界のニーズを踏まえながら効果的・効率的に実施する体制を整備できるよう、産官学金の対話の場(リカレント教育プラットフォーム)の構築や、コーディネーターの配置等に必要な経費を措置し、地域ニーズに応える人材の継続的な輩出に向けた仕組みの定着化を図るものです。

本事業の中で、SDBLは、三鷹を拠点に首都圏のニーズに応える「産学官金」の連携によるリカレント教育プラットフォーム「東京・ソーシャル・イノベーション人材育成リカレント教育プラットフォーム」と称して、ソーシャル・イノベーション人材(社会問題を解決するための、革新的な事業をDX等を活用しながら推進することのできる人材)を仮説とし、いくつかのプログラム部会を設置する形でリカレント教育コンテンツの集約とプログラムを図ってまいります。
※学習者としては、東京圏の若手社会人を想定しています。

プログラム部会
1、ソーシャルビジネス・プログラム部会
2、地方創生ビジネス・プログラム部会
3、DXプログラム部会

本事業「東京・ソーシャル・イノベーション人材育成リカレント教育プラットフォーム」については、
以下PDFよりご覧ください。

※「地域ニーズに応える産学官連携を通じた リカレント教育プラットフォーム構築支援事業」
〜採択機関事業概要〜より抜粋

「地域ニーズに応える産学官連携を通じた-リカレント教育プラットフォーム構築支援事業」-採択機関事業概要.pdf

\ ページをシェア /